化粧箱の印刷の仕組みとは

化粧箱は、広く印刷の装飾が施された箱と解釈することができます。


化粧箱はダンボール箱と違って、デザイン性に富んだ箱となっています。

そのため、高級感にあふれたデザインやカラフルな装飾を施したものなどがあり、ギフトには欠かせないものです。

また見た目が華やかなことから、販促効果も抜群です。

化粧箱には主にオフセット印刷と表面加工が使われています。

化粧箱はかなり有益な情報が揃っています。

オフセット印刷とは、凹凸のない平版を用いて印刷する方法です。短時間で大量かつ繊細な色合いの印刷物を発行することが可能なため、現在最も主流となっている方法です。

写真や文字の細部までも鮮明に印刷することができます。表面加工することにより、化粧箱の表面上の傷を防いだり見た目を変化させる技術も可能です。



ホログラムでは光の角度によりきらきらと輝くように、表面を加工する方法です。パッケージに用いることで華やかさを演出し、贈答品用の箱などに利用されます。
化粧箱はいろいろなシーンで活躍しています。


たとえば、お土産用のさくらんぼや桃、ブドウなどです。またお中元、お歳暮用の箱やお菓子や缶詰め、レトルト食品などでもよく使われています。
さらにはビールやジュース、ワインなどの飲み物を入れる箱としても重宝されています。



日常品であるお菓子や加工食品などには1枚の厚紙を貼り合わせた単紙が使われます。安価で簡単にたたむことができることから、軽いものを入れるのに適しています。


これに対し、厚紙に薄い印刷紙や和紙をはったものは貼箱とよばれ、和菓子の箱としてよく使われています。