お店でもらった紙袋を可愛くアレンジ

お店でもらう紙袋は可愛いものや丈夫なものも多いですが、中にはちょっと地味で使いにくいものもあります。

そんな時は百均グッズでアレンジしてみましょう。袋部分が無地だったり、お店の名前が入って嫌な時は、クラフトテープやラッピングペーパーを全体に貼ってアレンジしましょう。
見た目が変わるだけでなく、袋が厚くなって補強効果も出ます。

また紙袋のマチが狭くて自立しにくいものは、同じものを二つくっつけて、フォルダのように使う方法もあります。

ダンボールの印刷が最近こちらで話題になりました。

両面テープや幅の広いクリップで合体させて使いましょう。
書類を分けて収納することができます。



持ち手部分は細いリボンを巻き付けたり、持ち手そのものを切って別な紐を通してアレンジすることもできます。袋自体が長持ちする素材の場合、先に持ち手が傷んでくることがあるので、持ち手を変えることで紙袋が生き返ります。


無地で地味な紙袋は、シールでアレンジするのが手っ取り早くて簡単です。
貼っても袋との境目が目立たないような、プリントしてるように見える薄手のシールならリアルに見えます。またアルファベットシールで独自のロゴを作るのもユニークです。会社やサークルのロゴを作れば、費用がかさむ業者に頼む必要もありません。
他にも一部を切り抜いて窓のようにするのも可愛いです。



切り抜いた部分の裏にセロファンや薄いプラスチックを貼れば、何が入っているかわかるので収納にも便利です。
このようにアレンジを活用して、紙袋を大切に使いましょう。

ダンボールの秘訣

買い物をした際に紙袋をもらいます。持って帰るときに破けたり汚れたりすると捨てますが、しっかりした作りのものだったり、おしゃれなデザインだったりすると捨てずにとっておいて、また何か別の機会に使おうと考える人が多いです。...

more

目からウロコの情報

お土産をもらったり、買い物をした時に得ることが出来る紙袋、気づくとたくさんの種類が集まっていると言う方は多いでしょう。何かに使えるかもしれないという理由でとりあえず集めてはいるものの、実際に何かに使っているという方も多いのではないでしょうか。...

more

みんなに言いたい知識

家の中にたくさんの紙袋が集まっているという人は多いと思われます。お店でもらったり、お土産やプレゼントの包装としてもらうものは素敵なデザインのものも多く、捨てるのはもったいないと思ってしまう方が多いのでしょう。...

more

基礎知識

プレゼントに欠かせないのは、プレゼントしたいものをラッピングすることです。お店でやってくれる場合がほとんどですが、自分でラッピングをするとより気持ちが込められることだと思われます。...

more