化粧箱のメリットとデメリット

化粧箱のメリットは何かというと色々あります。
まず使用する事で、高級感や販売促進効果を生み出す事が出来るという点です。

有望な化粧箱に関する特集が満載です。

ダンボール箱と比較してみると、表面に多彩なバリエーション対応が可能です。


同じ印刷や髪であっても、ダンボールよりも印刷の自由度が高い為、見た目も華やかで、より高級感を出す事が出来ます。
また繊細な印刷も可能なので、ただの梱包する箱という役割以外にも、販売促進効果になるというのもメリットです。



他にも加工しやすいというのもメリットの1つとして挙げられます。
傷を防ぐ効果や、見た目を変える加工等も施す事が出来るので、デザイン等の印刷と組み合わせれば丈夫でかつ華やかな見た目となり、内容物のイメージに合った箱が完成します。

一方デメリットもいくつかあります。


まず大きなサイズを作りづらいという点です。
ダンボール箱の場合、ロール紙から作成する為、大きなサイズでも対応する事が出来ます。しかし化粧箱の場合は、板紙をベースとして作成する事が多い為、大きなサイズを作る事が出来ません。



その為大型家電の箱として、利用する事が出来ず、家電の箱はダンボールで地味なものが多くなっています。


またコストが上がりやすいという点もデメリットです。


化粧箱は色々と加工が出来る分、加工の工程数が増えて、コストも上がってしまいます。
その為、箱の使用目的はどうするのか、例えばただ内容物をいれるだけなのか、それともデザイン性も出して販売促進効果を出したいのか等を予算と合わせながら決める必要があります。