いつの間にか増える紙袋の収納方法

買い物をした際に紙袋をもらいます。

持って帰るときに破けたり汚れたりすると捨てますが、しっかりした作りのものだったり、おしゃれなデザインだったりすると捨てずにとっておいて、また何か別の機会に使おうと考える人が多いです。

しかし、そう考えていくとなかなか捨てられなくなり、気が付いたら増えすぎて収納に困るようになります。
そこでまず大事なことは、不要なものは思い切って捨てるということです。
紙袋を保存しておいても、実際には使用する機会はあまりありません。今まで使われずにずっとしまってあるなら、今後もきっと使われない可能性が高いので処分してしまいましょう。
次に、残ったものをきれいに収納していきます。


紙袋の中にしまっていくというのが費用が何もかからない方法です。

少し費用をかけてもいいようなら、100均で売っているようなファイルスタンドに収納していくと取り出しやすくて便利です。
そして、不要なものを捨ててある程度すっきりしたところで、今後のことを考えます。

ダンボールのオーダーの情報はここで調べよう。

先のことを何も考えずにとっておくと限りなく増え続けてしまうので、保存する量を予め自分で決めておきましょう。



例えば、袋の中にしまうなら袋1個分にするとか、ファイルスタンド2個分にするとか自分なりに決めておくのです。新しい紙袋をもらったときに、それをオーバーするようなら収納せず処分してしまうか、収納してある分の中から要らないものを捨てるようにしましょう。


こうすれば紙袋が増え続けることなく、すっきり暮らせるでしょう。